インビザラインなら名古屋のふしみ矯正歯科

マウスピース型
カスタムメイド矯正装置
MOUTHPIECE

伏見駅徒歩30秒

マウスピース型
カスタムメイド
矯正装置について

透明なマウスピースを装着して
目立たずに歯をキレイに

適応可能なケースは限られますが、適切なケースの選択と装置の設計を行えば良い結果をもたらす装置です。通院間隔をあけることができるのも利点の一つです。
ただし、長時間使用する必要があるため、固定式の装置とくらべて自由が利く分、「どれだけの時間、使用しているか」という患者さんに負う部分が多くなります。
患者さんによっては性格的に困難な場合もあり、その場合は追加費用なしで唇側矯正に切り替えます。
※マウスピース型カスタムメイド矯正装置は薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害者救済制度の対象外となる場合があります。

こんな場合はご相談ください

  • なるべく目立ちにくい方法で矯正したい
  • 金属アレルギーが心配
  • 通院を頻繁にするのは難しい
  • できるだけ痛くない方法で治療したい
  • 矯正はしたいけど食事や歯みがきは普通にしたい

ウスピース型カスタムメイド
矯正装置のメリット

痛みが少ない

プラスチックの薄い素材を使用しているので、他の矯正方法に比べ痛みを感じにくいです。

取り外せる

マウスピース型の矯正装置のため、歯科医院へ行かなくてもご自身で装置の着脱が可能です。

目立ちにくい

マウスピースは透明なので、周りから矯正をしていると気づかれにくいです。

金属アレルギーの心配無

金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方にも安心してご使用いただけます。

通院回数が少ない

1度に数枚のマウスピースをお渡しするので、他の矯正方法と比較すると通院回数が少なくて済みます。

ウスピース型カスタムメイド
矯正装置のデメリット

  • 01

    患者さん自ら装置を装着しますので、装置を使用しなければ歯は動きません。基本的には食事と歯磨きの時以外は使用していただきます。

  • 02

    適応症例に限界があります。抜歯するケースで大きく歯を動かす場合は向きません。でこぼこがひどい場合等抜歯するケースでも向いている場合もありますので、ご相談ください。

  • 03

    歯磨きをきちんとしないで装置を使用した場合は、装置をつけていないときよりはむし歯になりやすくなります。きちんと歯磨きすれば問題ありません。

治療の流れ

01
歯石除去やクリーニングをしっかり行い必要に応じてむし歯治療を行ったあとスキャナーによる口腔内の撮影を行いデータを送ります。
02
2週間~4週間後、アライナーが治療終了まで必要な枚数分できあがります。最初のアライナーを装着し、次回予約までの枚数分お渡しします。製作までの間に必要に応じて智歯(親知らず)の抜歯を依頼します。
03
アタッチメント装着等のタイミングで間隔が変わりますが、きちんと使用できることが確認できれば他の装置よりも来院間隔を空けることが可能です。
04
再びスキャナーによる口腔内を撮影し、追加アライナーを製作します。最終的な噛み合わせで修正が必要な部分がある場合は追加アライナーを製作し仕上げします。場合によっては唇側ブラケット(審美ブラケット)を装着し仕上げします。
05
装置を撤去しリテーナー(保定装置)を夜間のみ装着します。
06
リテーナー装着後は3~6ヶ月に1度チェックをしていきます。

症例紹介

治療前

治療後

正治療中

詳しくはこちら

主訴・治療内容 前歯のスペースが気になる。
マウスピース型矯正装置による治療。
治療期間 10ヶ月(治療前に抜歯する歯を3か月牽引)
費用 106万(検査、診断料込み、税込)
リスク・副作用 治療上のリスクとして痛み、口内炎、知覚過敏、金属アレルギー、虫歯、歯根吸収、根の露出、失活歯、骨隆起、歯周病、後戻り等があります。

一般的なリスク・副作用の詳細はこちら>>

費用

初診相談料 3,300円
検査料 48,400円
診断料 8,800円
基本矯正料 990,000円
処置料 3,960円~6,600円

※価格は税込み表記です。

注意点・リスク・副作用